病院でほくろ除去治療を受ける前に|注意点を確認すべし

看護師

美容クリニックで取り除く

鼻を触る人

どんな治療なの

ほくろは場所によってはチャームポイントになりますが、逆にコンプレックスと感じてしまうこともあります。特に大きなほくろや盛り上がっている状態では、なんとか取り除きたいと考えることでしょう。この気になるほくろを除去する方法として皮膚科や美容クリニックがあります。皮膚科や美容クリニックでの除去方法として、レーザーやメスを使っての除去方法、凍結法などがあります。ほくろ除去は盛り上がっているものが対象と考えている人もいるかもしれませんが、平らなほくろでもレーザーによって改善させることも可能です。また、治療方法によっては保険が適用され、ほくろの大きさや種類にもよりますが、1,000円〜2,000円程度で治療を受けることも可能です。皮膚科や美容クリニックで治療する場合には、どのくらいの通院が必要なのかと気になるところですが、レーザーによる治療であれば診察を受けたその日に除去をしてもらうことができます。その後は、治療後の状態を確認するための通院が必要ですが頻繁に通う必要はありません。手術となった場合では、まずは手術の予約をして、治療後に抜糸のために通院する必要があります。このように治療では通院による負担はそれほどないでしょう。治療では施術中の痛みが気になる人もいるでしょうが、麻酔を使っての施術となるため施術中の痛みは心配ないでしょう。麻酔は、局部麻酔や麻酔クリームを使用しますが、局部麻酔では注射をするときに痛みを感じることがあります。施術後は、レーザー治療ではヒリヒリする程度の痛みを感じる人が多く、メスを使うような施術では麻酔が切れると切り傷のような痛みがあります。ほくろ除去ではアフターケアも重要です。レーザー治療では除去後の肌は火傷をしたような状態となっているため、医師の指示通りの軟膏を塗るなどのケアをしっかりとしましょう。また、紫外線を浴びてしまうとシミの原因ともなることから、患部を保護することも忘れてはいけません。切開した場合には、患部を水をつけないような対策も必要になります。傷跡が残るかどうかはこのアフターケアが大きなポイントにもなることから、医師の指示通りのアフターケアをしっかりとおこなうことが大切です。