病院でほくろ除去治療を受ける前に|注意点を確認すべし

看護師

気になるほくろを除去する

ナース

美容整形でほくろを除去

顔に大きなほくろがあると目立ってしまうと共に、シミとは違ってメイクで隠したり化粧品で薄くしたりする事もできません。ほくろを除去する為には顔の手術をするしかないと考える人や、どんな風に取るのか不安だという人も多くいます。ほくろはそれぞれの程度によって様々な対処法があるので、うすいほくろなのか大きなほくろなのかで美容整形による除去の方法が異なります。ほくろはメラニン色素を持つ細胞が増殖する事によってできるものであり、平らなほくろや盛り上がったほくろなど様々あります。ほくろ除去は小さなほくろであれば自分で除去する事も可能ですが、やり方を間違えるとほくろ以外の部分にもダメージを与えてしまう可能性があります。美容整形でのほくろ除去として代表的なのが、レーザーを照射して軽いやけどを起こしてほくろを取る方法があります。ほくろが濃いほど痛みを感じやすくなりますが、大きくないほくろであれば麻酔は不要なほど痛みを感じる事無く除去する事ができます。ほくろの大きさや色の濃さによって治療に必要となる期間が異なりますが、傷跡が少ないのが特徴です。レーザーを当てた後にはステロイド剤を塗ってテープで保護をし、傷が落ち着いたら次の治療をしてほくろ除去を進めていきます。シミの治療と同じようにほくろ除去をレーザー治療で行った後は、しっかりと紫外線対策を行ってケアする事が必要になります。炭酸ガスレーザーでほくろ除去する方法では、ほくろの組織を水蒸気にして蒸散させる方法によってほくろを除去します。従来の電気レーザーに比べるとほくろの周辺組織に影響しにくい方法であり、それほど痛みを感じる事無く治療する事ができます。平坦なほくろよりも盛り上がったほくろに向いている方法であり、出血が少なく傷が治るまでの時間が短い特徴があります。ほくろ除去をする為に費用はそれぞれのほくろの大きさや数によっても異なってくるので、あらかじめどれくらいの予算で治療ができるかを検討する事が大切です。ほくろ除去は難しい施術では無く傷を残さずに短期間で行う事が出来るので、クリニックで気軽に相談してみる事が大切です。